ネガティブ・ハッピーデイ

ついつい過去のショーを振り返り写真等見返してしまうんですが、

その中のミスティノーチェでひと言。

BもしくはCエリア前方の今は撮影出来ない場所、

1開催で限られた回数のポジがどこで出るか読み切って、

そのポジが何枚目の板の位置で停止するか十分予習し、

画角でちゃんとバックで花火が入る撮影できる場所か確認し、

撮影失敗が許されない本番数秒のシーンのために、

喋り相手もいない場所で何時間も前から場所をとって、

電飾キャストを地ベタから見上げると背後に花火が上がり、

そんなシーンを必死で撮りまくってた頃・・・

あの頃が懐かしく感じます。

あの頃見えていた角度景観はもう楽しめないですね。

あのひな壇席では電飾キャストの向こうに見えるのは地面、

よくてプールに写る花火の光。

各々マニアックな楽しみ方はあると思いますが、

そういうところ無視した座席の作り方等、

今更ながら残念で商業的な匂いしかしないです。

ルナポルトを有料にすることには何ら否定するつもりは無いんですがね)

「地ベタから見上げる方が良い」って意見は結構多いと個人的に思うんですが・・・

これに限らず他のショーも含めてワクワク感のあるあの頃の楽しみ方を返してほしいと。

あきらかに運営が変わってから・・・



と愚痴ばかり言っててもしょうがないんで。

今日はハッピーな日なんで明るくいこう

写真は2014年夏のもので以前にも投稿したのですが、

撮影に拘りが持てて楽しかったころを思い出してもう一度。

d0255844_2383882.jpg

[PR]
by mame1230 | 2017-05-18 00:00 | LAGUNASIA | Comments(2)
Commented by tac_0303 at 2017-05-18 22:49
私も同じ思いです。

あの頃は写真を撮っててワクワクしましたよね。

今の環境ではモチベーションを保つのが大変です。


従来からあるコンテンツはどんどん劣化して行くように思います。

先々大丈夫かと心配になるほど・・・
Commented by mame1230 at 2017-05-22 00:21
>tac_0303さん
文面での返信遅くなり申し訳ありません。
本当ならその時その時の環境で、
どう撮るか考えるべきですよね。
立ち向かうモチベーションが回復したら
また頑張りますので
それまでtacさん頑張って下さい!!

<< タイムマシーン 居場所 >>